ホームページ制作 話せば治る。書けば治る。 | もてたい脳。

もてたい脳。

My brain wants to be cool.
<< 心が傷つけば脳にも傷がつく。 | main | 終わりました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
話せば治る。書けば治る。
ストレスにあうと放出される副腎皮質ホルモン(コルチゾール)は、脳の中で記憶に関係する「海馬」の神経細胞を破壊するともされている。

 例えば、元聖マリアンナ医科大助教授で神経内科医の米山公啓(54)の経験。大病院の名前を挙げ「うつ病で通ったが治らなかった」と米山のクリニックにやってきた初老の男性患者がいた。だが、使う抗うつ剤の種類など、できる治療は同じ。ところが「うちは暇だから週1回、長々と話を聞いていた。そしたら症状が改善しちゃった」。

 「話す」がクスリになることもあるのだ。どうしても無理なら「書く」だけでも。

 過去の忌まわしい出来事を1日20分間、連続4日、書きつづらせるという米国の心理学者ペネベーカーによる実験。当初、忌まわしい記憶を思い出し、気分を害す被験者も多かったが、6週間後に血液検査をしたところ、免疫機能が高まっていたという。

 彼は著書「オープニングアップ」の中で、こう書いている。「筆記するにせよ話すにせよ、(思考や感情の)抑制が生む問題の多くは告白することで緩和されます」
この記事のソースはこちら

ランキングに投票。
| てん | うつ病の治し方。 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:32 | - | - |









http://tenkun1004.jugem.jp/trackback/533
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ PROFILE